AIライティングツールおすすめ12選!SEO記事作成のポイントも解説

パソコンのイメージ

Webサイトの運営者やコンテンツ制作者の中には、「もっと効率的にコンテンツ制作をしたい」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

AIの登場により、近年ではさまざまなAIライティングツールが販売されています。
とはいえ、「AIライティングツールが多すぎて、何を選べばいいか分からない」と頭を抱えている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、おすすめのAIライティングツールを紹介します。
また、AIライティングツールでできることやSEO記事作成のポイントなど、基礎知識についても触れていきます。

この記事を読むことで、自社にはどんなAIライティングツールが向いているのかがわかるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

AIライティングツールでできること

パソコンを使うイメージ

AIライティングツールとは、人工知能を活用してコンテンツ作成を行うツールのことです。
従来のライティングでは、人の手でリサーチしながらコンテンツを作成するため、1記事仕上げるのに時間がかかります。
一方でAIライティングツールならAIがリサーチとライティングを同時に仕上げてくれるため、時間短縮に役立つツールです。

ツールによってはライティング以外の機能も充実しており、一般的に以下のような機能があります。

  • コンテンツ生成
  • 構成案作成
  • キャッチコピーの作成
  • タイトル作成
  • キーワードリサーチ
  • リライト機能
  • 文法チェック
  • 自動要約
  • 対話生成
  • 翻訳

ここからは、それぞれの機能について詳しく解説します。

コンテンツ生成

AIライティングツールを利用すれば、ブログ記事やSEOコンテンツ、インタビュー記事など、さまざまなコンテンツを生成できます。
さらにオリジナルテンプレートがあれば、自社サイトの形式に沿ったコンテンツの作成も可能です。

構成案作成

メインキーワードから競合サイトやユーザーニーズを分析し、構成案を作成してもらうことができます。
ツールによっては、ライターへの指示書の作成も可能です。

タイトル作成

コンテンツの内容を踏まえたタイトル案を作成してもらうこともできます。
タイトルはユーザーがクリックするかどうかを決める重要な要素です。魅力的なタイトルにすることで、クリック率向上につながるでしょう。

キャッチコピーの作成

Webコンテンツや広告に用いるキャッチコピーの作成も可能です。
サービスや商品の魅力を短いテキストにまとめることで、ユーザーに刺さるコンテンツとなるでしょう。
新たな視点でのコピーも生成されるので、アイデア出しとしても便利ですよ。

キーワードリサーチ

検索エンジンのビッグデータから、テーマに関連するキーワードを抽出できます。
キーワード選定にかかる工数を短縮し、従来の方法では気付かなかった視点からキーワードを選ぶことも可能になります。

リライト機能

既存コンテンツや執筆したテキストをより良い文章に書き換えてもらうことも可能です。
誤字脱字を修正したり、SEO対策として見出しを増やしたりできるため、人力でリライトするよりも効率的です。

文法チェック

作成したテキストに対して、文法やスペルの誤りがないかチェックできます。
自動的に訂正提案してくれるため、読みやすい文章になりますよ。

自動要約

テキストを流し込むことで自動的に要約してもらえる機能もあります。
参考資料や競合のサイトなどを要約してもらえれば、全文読むよりも効率よく内容を理解できるでしょう。
重要なポイントをピックアップしてくれるため、ライティングにも活用できますよ。

対話生成

質問応答システムやチャットボットとして、ユーザーの質問に答えることができます。
Webサイトにシステムを取り入れれば、24時間365日いつでも対応できるようになります。

翻訳

外国語のテキストを日本語にしたり、国内向けのコンテンツを海外向けに翻訳したりすることも可能です。
多言語対応することで、海外ユーザーにもターゲットを広げることができるでしょう。

AIライティングツールのメリット

パソコンを使用する様子

AIライティングツールを用いることで、以下のようなメリットを得られます。

  • 業務時間を短縮できる
  • コストを削減できる
  • 新たな視点を取り入れられる

AIライティングツールのメリットを知ることで、ツールを導入するかどうかの判断材料となるでしょう。
ここからは、それぞれのメリットについて解説していきます。

業務時間を短縮できる

AIライティングツールを導入することで、コンテンツ制作にかかる時間を短縮できます。
従来の方法ではコンテンツをゼロから作成していましたが、AIライティングツールを使用する場合は、ツールにより生成されたものを選択して修正する作業になります。

さらに、ツールによってはブログ記事やレポートなど、用途に応じてテンプレートが用意されていることもあります。これにより様々な制作における作業効率が上がり、より多くのコンテンツを作成できるようになるでしょう。

コストを削減できる

AIライティングツールによって、コストを削減できることもメリットの一つです。

たとえば、コンテンツ作成を外部に委託していた場合、1記事作成するのにテキスト量や難易度に応じて報酬を支払う必要があります。

一方でAIライティングツールを用いて社内で完結できれば、支払いはツールの利用料金のみに抑えられます。
外部ライターとのやり取りの時間もなくなるため、コミュニケーションコストの削減にも。

さらにAIライティングツールは24時間いつでも利用可能です。
追加で修正が発生したり、リライトが必要になったりした場合も、追加コストなしですぐに対応可能です。

新たな視点を取り入れられる

従来の方法にはなかった新たな視点を取り入れられることも、メリットとして挙げられます。
AIライティングツールで得たアイデアを取り入れることで、コンテンツの可能性が広がるでしょう。

たとえば、AIライティングツールではメインキーワードに対して共起語やサジェストキーワードを提案してくれます。
こうしたキーワードを取り入れることで、ユーザーニーズを掴む魅力的なコンテンツになるでしょう。

また、ツールによっては画像生成できる機能もあります。コンテンツに合わせて作成してくれるため、表現の幅が広がりますよ。

AIライティングツールのデメリット・注意点

パソコンを使うイメージ

ここまでAIライティングツールのメリットをお伝えしましたが、以下のようなデメリット・注意点もあります。

  • 正しい情報とは限らない
  • 自然な文章になるとは限らない
  • SEOコンテンツには弱い
  • 専門性の高いコンテンツに向いていない

上記のデメリット・注意点を知っておくことで、AIライティングツールによって生じるリスクを回避できるでしょう。
ここからは、それぞれのデメリット・注意点について解説していきます。

正しい情報とは限らない

AIライティングツールで得た情報は、必ずしも正しいわけではないため注意が必要です。
AIは人間が文章を読むのとは違い、単語の関連性で情報を集めています。そのため、場合によっては間違った情報を提示することがあります。

また、GoogleはE-E-A-T(経験・専門性・権威性・信頼)という独自の基準でコンテンツを評価していて、実体験や事実に基づくデータを重要視している傾向があります。
間違った情報を掲載するとコンテンツの評価が下がるため、場合によっては自社サイト全体の評価が下がることもあるでしょう。

こうした性質から、AIライティングツールでコンテンツを生成する際は、必ず担当者のチェックを入れるようにすることが大切です。

自然な文章になるとは限らない

必ずしも自然な文章になるとは限らないことも、デメリットのひとつです。

AIはさまざまなパターンのテキストを学習していますが、微妙なニュアンスを判定できないことがあります。
また、海外で開発されたAIを使用している場合、翻訳によって不自然になることもあるでしょう。

ユーザーが不信感を抱かないためにも、正しく読みやすい文章になるよう調整が必要です。

SEOコンテンツには弱い

AIライティングツールの注意点として、生成したテキストをそのまま掲載してもSEO対策につなげにくいことを知っておきましょう。

上記でも触れましたが、GoogleはE-E-A-Tによって実体験や事実に基づくデータを高評価しています。
ツールで生成したテキストはE-E-A-Tを満たすことができないため、自社独自の情報を取り入れる必要があります。

たとえば、自社で行った調査結果を取り入れたり、体験者の経験を盛り込んだりすることで、こうした欠点をカバーできるでしょう。

専門性の高いコンテンツに向いていない

AIライティングツールの弱点は、専門性の高いコンテンツの作成が難しいことです。
一般的な情報は盛り込めますが、医療や科学、法律など専門的な分野においては深く学習していない可能性があります。

社内で専門分野に詳しい人材がいる場合は、ツールを用いながら適宜加筆してもらうことで、効率よく執筆できるでしょう。
知識のある人材がいない場合は、監修のもと作成することをおすすめします。

AIライティングツールの選び方

選ぶイメージ

AIライティングツールを選ぶ際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 必要な機能がそろっているか
  • 担当者にとって使いやすいか
  • 予算に収まるか
  • 日本語対応になっているか
  • コンテンツの品質に問題はないか

これらのポイントを取り入れることで、自社のWebサイトに合うAIライティングツールを見つけられるはず。
ここからは、それぞれのポイントについて解説していきます。

必要な機能がそろっているか

AIライティングツールの機能に注目して、コンテンツ制作に必要な機能がそろっているかチェックしましょう。
AIライティングツールによって搭載されている機能はさまざまです。

たとえば、Web広告を利用しているならキャッチコピー作成の機能があると業務効率化できます。
海外ユーザーに向けてコンテンツを発信している場合は、翻訳機能があるAIライティングツールが便利です。

そこでツールを選ぶ際は、あらかじめコンテンツ制作のフローを洗い出しておくのが大切。
自社に必要な機能を整理して優先順位を決めておくことで、自社に合うツールが見つかりますよ。

担当者にとって使いやすいか

担当者にとって使いやすいかどうかも重要なポイント。
使い勝手が悪いツールを選んでしまうと、「従来の方法の方がやりやすい」と思われて効率化できない可能性があります。

そのため、AIライティングツールはいきなり導入するのではなく、試験的に導入するところから始めることをおすすめします。
ツールには無料版やお試し期間が用意されていることがあります。担当者のフィードバックを取り入れることで、より使いやすいツールを選べるはずです。

予算に収まるか

AIライティングツールの利用料を比較して、予算に収まるかどうか確認することも大切。
スペックの高いツールは魅力的ですが、赤字になってしまってはサイト運営を続けられません。

最終的に決める際は、候補に挙がったツールの機能と料金をそれぞれ比較してみましょう。
安さだけで選んでも、スペックが低かったり望んでいる機能がなかったりすることがあるので要注意。

また海外ツールを選ぶ際は、通貨にも注意が必要です。日本円でないときは、為替変動によって月ごとに支払額が異なります。

日本語対応になっているか

海外で開発されたツールを選ぶ際は、日本語対応があるかどうかも確認しておきましょう。
ツールによっては日本語への変換が不自然になることがあります。

また、サポート窓口への連絡が日本語に対応していない場合、問題があった際にスムーズにやりとりできないかもしれません。

国内向けのコンテンツを作成する場合は、無理に海外ツールを選択する必要はありません。用途に応じてツールを選択してくださいね。

コンテンツの品質に問題はないか

AIライティングツールで生成されるコンテンツに品質の問題がないかどうかも、重要なポイント
コンテンツの品質が担保されていないと、不自然な文章になり修正する手間が余計に発生するかもしれません。

コンテンツの品質を確認するには、無料版やお試し期間を活用するといいでしょう。ほかにも、口コミや体験談も参考になりますよ。

AIライティングツールでのSEO記事作成のポイント

ポイントのイメージ

AIライティングツールでSEO記事を作成する際は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • ファクトチェックを行う
  • 内容に応じて人が加筆する
  • 公開後もリライトを行う

これらのポイントを取り入れることで、業務を効率化しつつユーザーニーズを満たすコンテンツになるでしょう。
ここからは、それぞれのポイントについて解説します。

ファクトチェックを行う

AIライティングツールで生成したコンテンツは、そのまま公開するのではなく必ずファクトチェックを行いましょう。
AIで生成した情報は必ずしも正しいとは限らず、誤った情報を提供する可能性があるからです。

AIライティングツールで業務効率化しつつコンテンツの品質を担保するには、校閲を行うことをおすすめします。
校閲担当者が信用できるリソースから確認し、内容に応じて修正や追記を行いましょう。
専門的な内容である場合は、専門家に監修を依頼するのも一つの方法です。

内容に応じて人が加筆する

AIライティングツールでコンテンツを作成する際は、内容に応じて人が加筆することも重要です。

AIツールは一度に読み込めるテキストに制限があり、前後の内容を反映できないことがあります。
文脈を理解しないままテキストを生成すると、意図しない方向で生成されることもあるでしょう。

目的に合うテキストができるまで何度も生成することも可能ですが、場合によっては人が書いた方が速いこともあります。

公開後もリライトを行う

コンテンツを公開した後も、状況に応じてリライトを行うことが大切です。

AIライティングツールで生成したコンテンツでも、必ずしもユーザーニーズを満たしているとは限りません。
そのためコンテンツ公開後は、アクセス状況や離脱率を確認するなど、効果測定を実施しましょう。
リライトによって修正や加筆を繰り返すことで、より充実したコンテンツになりますよ。

完全無料で使うならChatGPTがおすすめ!

チャットGPTのイメージ

完全無料でAIライティングツールを利用したい場合は、ChatGPTがおすすめです。
ChatGPTはOpenAIによって開発されたAIアルゴリズムで、対話によって指示に従ったテキストを生成してくれます。

ChatGPTはアイデア出しや、疑問を解決したりするのに役立ちます。
使い方を工夫すれば、ライティングツールとして活用することも可能ですよ。

無料版 有料版(ChatGPT Plus)
文字数制限 2,000字程度 4,000字程度
利用可能数制限 最大60リクエスト 最大600リクエスト
レスポンス速度 遅い 速い
プラグインの利用可否 ×

ChatGPTには無料版と有料版があり、上記のように機能が異なります。
無料版では出力できる文字数や利用回数が少ないです。また、有料版に比べてレスポンス速度が遅く、外部機能との連携ができません。

とはいえ、無料版でも活用すればライティングにかかる時間を短縮できます。
ここからは、ChatGPTの活用シーンについて紹介します。

ライティングにおけるChatGPTの活用シーン

ChatGPTはライティングにおいては、以下のようなシーンで活用できるでしょう。

  • ペルソナ設定
  • 構成案の作成
  • タイトル案のアイデア出し
  • 事例のアイデアだし

ここからは、それぞれのシーンでどのように活用できるか解説していきます。

ペルソナ設定

自社サイトのペルソナ設定を作成する際に、ChatGPTを活用できます。
ペルソナ設定では以下のような属性を明らかにしますが、プロンプト(命令文)にて各属性を明らかにするよう書き込むことで設定を考えてくれます。

  • 年齢
  • 性別
  • 年収
  • 職種
  • 検索までの流れ
  • 顕在ニーズ・潜在ニーズ

また、これらの人物設定を付与することで、その人物の視点に立って質問に答えてくれます。
ペルソナイメージの解像度を高め、ターゲットに刺さるコンテンツを制作するのに役立つでしょう。

構成案の作成

上記で作成したペルソナ設定を反映し、ユーザーの悩みを解決する見出しを作成してもらうことも可能です。
見出し名と各見出しの内容を箇条書きで生成してもらえれば、構成案に活かせるでしょう。
場合によってそのまま使えないこともあるので、適宜修正を入れていきます。

構成案を作成する際は、見出しのルールをプロンプトに書き込んでおくと、自社のトンマナに合う構成案になりますよ。

タイトル案のアイデア出し

記事の内容とメインキーワードを入力することで、タイトル案のアイデアをいくつか出力してくれます。
記事のタイトルはパターン化したり、ほかのサイトと似通ったりすることがあるため、アイデアを参考にすることで魅力的なタイトルになるはずです。

ほかにも、自分で作成したタイトルに対して客観的なアドバイスをもらうこともできます。
考えたタイトル案がしっくりこないときに活用できるでしょう。

事例のアイデアだし

ChatGPTを活用することで、事例の提示に困ったときの手掛かりになるでしょう。

記事を書いていて、どんな事例を提示すればいいのか悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。
そんなときは「○○を行うメリットについて事例をいくつか考えて欲しい」と投げかけることで、いくつかアイデアを出してくれます。

ChatGPTは、いい例えが思いつかないときにも役立つツールだと言えるでしょう。

ライティングにおいてChatGPTでは対応できないこと

ChatGPTはライティングに役立つツールですが、ライティングにおいて対応できないこともいくつかあります。

  • 最新情報の収集
  • ファクトチェック
  • コンテンツの自動生成

ここからは、それぞれの理由について解説していきます。

最新情報の収集

無料版のChatGPTは2021年に学習が終了しているため、最新情報の収集には向いていません。
最新情報を常に取り入れているわけではないため、人力で情報収集する方が効率的です。

ファクトチェック

ChatGPTで収集できる情報が必ずしも正しいとは限らないため、ファクトチェックには活用しないことをおすすめします。
作成したコンテンツは、従来通りディレクターや校閲担当者が行う方がいいでしょう。

コンテンツの自動生成

ChatGPTで必ずしも正確な情報を得られないことから、コンテンツの自動生成もおすすめできません。
必ずファクトチェックが必要になることから、人力で作成した方が速いケースもあります。

コンテンツの自動生成を行いたい場合は、有料ツールがおすすめ。
ここからは、おすすめの有料ライティングツールを紹介します。

有料だけど多機能!おすすめAIライティングツール

パソコンのイメージ

この記事でおすすめするAIライティングツールは以下の通りです。

ツール名 特徴機能 料金 無料トライアル 日本語対応
らいたー君 ・ワンクリックで約8,000文字の記事を作成
・Googleサジェストを表示できる
・自動的に画像を挿入できる
月額5,980円〜
RakuRin ・キーワード提案で新たなキーワードを発掘できる
・SEOに強い階層構造の見出しを作成
・主要なポイントを簡潔にまとめた文章を作成
月額4,980円~
SAKUBUN ・テンプレート活用で作業効率化
・共同作業が可能
・WordPressと連携できる
月額9,800円~
Catchy ・新規事業を提案してくれる
・YouTubeの企画作成ができる
・広告の作成が可能
月額3,000円~
AI SEOライターツール ・作業効率が10倍以上アップ
・SEOに強い
・ライター指示書を自動作成できる
月額10,780円~
Surfer SEO ・文字数制限がない
・競合分析に活用できる
・精度は高くないものの日本語にも対応
89ドル~
EmmaTools ・品質チェック機能でSEO対策を効率化
・2ヶ月間の導入支援プログラムあり
・いつでもサポートチャットで相談可能
月額25,000円~
Jasper ・個人から企業まで幅広く使える
・人工知能との対話ができる
・25以上の言語に対応
49ドル~
Keywordmap ・上位表示された記事と比較できる
・AIによる記事構成案の自動作成が可能
・コンテンツの抜け漏れ要素をチェックできる
要問い合わせ
Transcope ・音声によるAI文字起こしあり
・手入力された文章の自動誤字脱字チェックあり
・自社情報を踏まえた社内文書ライティングが可能
月額11,000円~
BringRitera ・SEOに特化
・画像生成AIあり
・格安で利用可能
月額550円~

ここからは、それぞれのツールの機能や特徴について解説します。

らいたー君

らいたー君

  • ワンクリックで約8,000文字の記事を作成
  • Googleサジェストを表示できる
  • 自動的に画像を挿入できる

らいたー君の記事コンテンツ生成機能では、ワンクリックで約8,000文字の記事を作成することができるのが大きな特徴。
ボリュームのある記事も簡単に制作できるので、記事制作にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。

さらにメインキーワードに対して、Googleサジェストの表示も可能です。検索するユーザーのニーズを取り入れることで、効果的なSEO対策につながりますよ。

自動的に画像を挿入できるため、コンテンツの内容に合う画像を選んだり挿入したりする手間を省き、投稿業務を効率化できるのも魅力のひとつです。

機能 1クリックで記事が完成
コメント挿入
自動画像挿入
自動外部リンク挿入
WordPressに張り付け
Google検索結果から見出しを参考
Googleサジェストを表示
文中に含めたいキーワードを設定
料金 【Lite】
記事作成可能回数:10回
月額5,980円
【Standard】
記事作成可能回数:30回
月額9,800円
【Pro】
記事作成可能回数:45回
月額59,800円~
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://raita-kun.arvo.net/

RakuRin

RakuRin

  • キーワード提案で新たなキーワードを発掘できる
  • SEOに強い階層構造になった見出しを作成
  • 主要なポイントを簡潔にまとめた文章を作成

RakuRinにはキーワード提案機能があり、簡単に新たなキーワードを発掘できます。
従来の方法ではツールの結果から人が推測してキーワードを選んでいましたが、キーワード提案機能を利用すれば、より広い視点でコンテンツを制作できるようになるでしょう。

見出し作成機能では、SEOに強い階層構造の見出しを作成できます。
ワンクリックで大見出し、中見出し、小見出しが生成されるため、微調整しながら自社に合う構成の作成が叶います。

さらに、記事の最後にふさわしいまとめ文章を作成することもできるのも特徴。
主要ポイントを簡潔に取り入れられるため、読み手に親切なわかりやすい記事になりますよ。

機能 キーワード提案
タイトル作成
見出し作成
リード文作成
本文作成(単体見出し)
本文作成(階層見出し)
まとめ文作成
ディスクリプション作成
リライト
料金 【シルバー】
毎月約10記事を作成可能
月額4,980円
【ゴールド】
毎月約30記事を作成可能
月額9,980円
【プラチナ】
毎月約100記事を作成可能
月額29,980円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://rakurin.net/

SAKUBUN

SAKUBUN

  • テンプレート活用で作業効率化
  • 共同作業が可能
  • WordPressと連携できる

SAKUBUNは、100種類以上のテンプレートが用意されているのが大きな特徴。
「ブログ記事」「広告」「SNS」など用途別のテンプレートから、自社サイトに合うカスタムテンプレートまで作成可能です。

また、複数人で取り組めるように共同作業ができるように作られています。
ツールで作成したコンテンツを共同で編集できるため、ライター・校閲担当者・ディレクターのようなチームの制作も可能です。

外部サービスと連携できることもSAKUBUNの魅力です。
たとえばWordPressと連携すれば、AIが作成した記事をそのまま共有できるため、入稿の手間を省略できますよ。

機能 自動記事作成
ペルソナの指定
100種類以上のテンプレート
AIエディター
アイキャッチ画像の作成
文章トーンの変更
外部サービス連携
チームで共同作業
カスタムテンプレート
料金 【Standard】
自動記事作成機能:30記事分
月額9,800円
【Pro】
自動記事作成機能:100記事分
月額29,800円
【Enterprise】
自動記事作成機能:無制限
月額49,800円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://sakubun.ai/

Catchy

Catchy

  • 新規事業を提案してくれる
  • YouTubeの企画作成ができる
  • 広告の作成が可能

Catchyにはキャッチコピー生成や記事作成などの基本的な機能のほかに、新規事業のアイデアを提案してくれる機能があります。
行き詰ったときには、AIとブレストしているような感覚で利用できるでしょう。

さらにYouTubeの企画作成もできるため、YouTubeの運営にも活用可能。
スクリプトやタイトルの制作もできるため、編集時間も短縮できますよ。

Catchyでは広告作成ができることも魅力のひとつ。リスティング広告やポスティング広告など、さまざまなシーンで活用できます。
コピーライティングで困っている会社は重宝するでしょう。

機能 キャッチコピー
記事作成
AI画像作成用テキスト
おまかせ文章
YouTubeの企画
新規事業のアイデア
会社名
LINEの返信
仕事の相談
料金 【Starter】
月額3,000円
【Pro】
月額9,800円
【Enterprise】
要問い合わせ
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://lp.ai-copywriter.jp/

AI SEOライターツール

AI SEOライターツール

  • 作業効率が10倍以上アップ
  • もれなし・不足なしでSEOに強い
  • ライター指示書を自動作成できる

目次構成案の作成には一般的に30~60分程度の作業時間が発生しますが、AI SEOライターツールを用いれば3~6分程度の時間で完了します。
作業効率が10倍以上アップするため、高速でコンテンツ制作ができるでしょう。

またAI SEOライターツールでは、競合1~10位サイトの目次を1画面でわかりやすく表示してくれます。
もれなし・不足なしで確認できることから、
SEOに強いコンテンツになるでしょう。

構成案だけでなく、ライター指示書を自動作成することも可能です。
ディレクターの業務時間が短縮できるため、ほかの業務に充てられますよ。

機能 目次自動提案と競合比較チェック
文字数提案
ライター指示書を自動作成
料金 【エディタツール】
月額10,780円
【共用サーバー】
月額43,780円
【専用サーバー】
月額110,000円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://mediaequity.jp/aiseowritertool/

Surfer SEO

Surfer SEO

  • 文字数制限がない
  • 競合分析に活用できる
  • 精度は高くないものの日本語にも対応

Surfer SEOはSEOコンテンツの最適化ツールです。
コンテンツ制作には文字数制限がないため、1万字を超える大規模なコンテンツも自動で作成できます。

SEO対策で成功するには競合分析が不可欠ですが、実際には膨大な時間がかかります。そこで競合分析機能を活用することで、自社サイトに足りない要素を簡単に見つけることが可能になり、大幅な時短につながります。

なおSurfer SEOは海外ツールであるため、基本的には英語の操作になります。ただ、精度は高くないものの日本語にも対応しています。

機能 SERPアナライザー
コンテンツエディタ
キーワードの研究
監査
サーファーAI
グローフロー
料金 【ESSENTIA】
89ドル
【ADVANCED】
179ドル
【MAX】
299ドル
【ENTERPRISE】
要問い合わせ
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://surferseo.com/

EmmaTools

EmmaTools

  • 品質チェック機能でSEO対策を効率化できる
  • 2ヶ月間の導入支援プログラムあり
  • いつでもサポートチャットで相談可能

EmmaToolsは、SEO記事の品質を自動で分析してくれるツールです。
既存記事を分析とリライトにより、効率的にSEO対策ができるでしょう。

EmmaToolsはサポート体制が充実しており、別途料金で2ヶ月間の導入支援プログラムが用意されています。
記事ライティングノウハウを身に着けられるため、これからWebサイトをする場合にお心強いです。

また、サポートチャットからいつでも相談できることも魅力です。
技術的な問題も、スムーズに解決できますよ。

機能 EmmaAnalytics
キーワード登録
順位チェッカー
競合キーワード分析
見出し構成作成
AI見出し生成β版
コンテンツ健康管理
ドメイン登録
料金 【for Team】
月額25,000円
【for Team+】
月額58,000円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://emma.tools/

Jasper

Jasper

  • 個人から企業まで幅広く使える
  • 人工知能との対話ができる
  • 25以上の言語に対応

JasperはSEOに最適化されたコンテンツを生成するツールで、マーケティング広告やGoogle、YouTubeなど幅広く利用できます。
個人から企業まで幅広く使えるため、用途に応じて活用できるでしょう。

人工知能との対話ができることが特徴で、生成したコンテンツに対して修正やアイデアのヒントを得られます。

Jasperは海外ツールで25以上の言語に対応しており、日本語の使用も可能です。

機能 Boss Mode
Surfer SEO integration
Chrome extension
Jasper Chat
25+ Language
料金 【Creator】
49ドル
【Teams】
125ドル
【Business】
要お問い合わせ
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://www.jasper.ai/

Keywordmap

Keywordmap

  • 上位表示された記事と比較できる
  • AIによる記事構成案の自動作成が可能
  • コンテンツの抜け漏れ要素をチェックできる

Keywordmapは、SEO業務を支援する機能を備えたツールです。
競合調査が可能で、
上位表示された記事と比較できます。

またAIによる記事構成案の自動作成ができることから、従来の面倒な調査や分析作業を省略できます。

ほかにも、コンテンツの抜け漏れ要素をチェックする機能があります。
上位記事と比較することで、情報を網羅したコンテンツになるでしょう。

機能 ニーズマップ
検索市場レポート
自然検索ワード
自然検索ワード
Keywordmap for SNS
検索市場レポート
競合ドメイン
流入獲得上位ページ
リスティング競合分析
競合サイト比較
競合コンテンツレポート
キ検索市場レポート
おまかせキーワード選定
サイトキーワード分析
リスティングキーワード分析
検索キーワード分析
検索ボリューム調査
共起語分析
ページ構成分析
記事構成案作成
記事執筆&チェック
網羅チェックディスプレイ広告分析
ワードマップ
自社記事比較
デイリーレポート
リスティング競合分析
Googleアナリティクス・サーチコンソール連携
検索順位レポート
順位一括チェック
検索順位変動
料金 要問い合わせ
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://keywordmap.jp/lp/1-10/

Transcope

Transcope

  • 音声によるAI文字起こしあり
  • 手入力された文章の自動誤字脱字チェックあり
  • 自社情報を踏まえた社内文書ライティングが可能

TranscopeはSEOコンテンツ向けのAIライティングツールです。
SEOコンテンツ自動作成などの機能以外にも
音声によるAI文字起こしもあるため、インタビュー記事の制作にも向いています。

手入力された文章の自動誤字脱字チェックがあることから、校閲にも活用できるでしょう。

さらにWebコンテンツだけでなく、自社情報を踏まえた社内文書ライティングが可能です。
面倒な書類作成も効率化できるため、余った時間をほかの業務に充てられますよ。

機能 キーワードやURLからコンテンツ生成
画像ファイルからコンテンツ生成
音声によるAI文字起こし
CSVからコンテンツ生成
競合分析を基にしたAIライティング
見出し構成から長文の生成予約
競合分析を基にしたAIリライト
SEOに最適なキーワードを提案
手入力された文章の自動誤字脱字チェック
料金 【Basic】
月額11,000円
【Pro】
月額38,500円
【Enterprise】
月額66,000円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://transcope.io/

BringRitera

BringRitera

  • SEOに特化したツール
  • 画像生成AIあり
  • 格安で利用できる

BringRiteraSEOに特化したAIツールで、キーワードを入力するだけでSEOに強い記事を作成できます。

画像生成AIも搭載されており、168種類のテンプレートが用意されています。
コンテンツに合う画像を探す手間を省けるため、入稿作業が捗るでしょう。

BringRiteraはそのほかのツールに比べ格安で、月額550円から利用可能です。
個人で利用したい場合やお試しで利用したい場合にも向いています。

機能 記事見出し作成
記事上位獲得のアドバイス
記事本文作成
画像生成
料金 【ライト】
月額550円
【スタンダード】
月額3,300円
【プロ】
月額9,900円
【エンタープライズ】
月額33,000円
無料トライアル
日本語対応
公式サイト https://ritera.bring-flower.com/

まとめ

パソコンのイメージ

AIライティングツールを用いることで、コンテンツ制作にかかる時間を短縮することができます。
半自動化できるようになれば、人件費などのコスト削減につながるでしょう。

完全無料でツールを利用したい場合は、ChatGPTがおすすめです
構成案やタイトル、事例などもいくつかアイデアを提示してくれるため、作成スピードを上げられるでしょう。
ただしChatGPTが提示する情報が必ずしも正しいとは限らず、コンテンツの自動生成やファクトチェックには向いていないので要注意。

コンテンツの自動生成を行いたい場合は、有料ツールがおすすめです。
有料ツールならコンテンツ制作以外にも、画像生成や文字起こし、企画案の作成などさまざまなシーンで活用できますよ。

これからAIライティングツールを導入する担当者の方は、ぜひこの記事でご紹介したポイントを参考、自社にぴったりのツールを見つけてくださいね。